鹿児島国際大学

バランスのとれた国際感覚と、グローバルで幅広い視野を養う

国際文化交流のリーダー・研究者を育成

 国際文化研究科は、国際文化に関する深い学識と卓越した能力を養うとともに、それに基づき国際的視座に立って専門的 な業務に携わる職業人や高度の研究能力を持つ人材の養成を目的としています。博士前期課程(修士課程)では、地域社会 における国際的事業のリーダーたりうる専門的知識をそなえた職業人の育成、留学生の研究指導、博士後期課程への進学を めざす研究者の養成を主要な目的としています。博士後期課程では、国際文化に関する研究者として自立して研究活動を行う 能力と豊かな学識を持つ人材の養成、また、社会人や留学生の博士学位取得を支援することを主要な目的としています。

バランスのとれた国際感覚と、グローバルで幅広い視野を養う。

国際文化交流の リーダー・研究者の育成

国際文化研究科長  戦 慶勝

 国際文化研究科は、国際文化に関する深い学識と卓越し た能力を養うとともに、それに基づき国際的視座に立って 専門的な業務に携わる職業人や高度の研究能力を持つ人材 の養成を目的としています。

博士前期課程では、地域社会 における国際的事業のリーダーたりうる専門的知識をそな えた職業人の育成、留学生の研究指導、博士後期課程への 進学を目指す研究者の養成を主要な目的としています。

博 士後期課程では、国際文化に関する研究者として自立して 研究活動を行う能力と豊かな学識を持つ人材の養成、ま た、社会人や留学生の博士学位取得を支援することを主 要な目的としています。

研究の特色 外国人留学生、社会人に開かれた研究環境

国際文化研究科の目的

国際文化研究科では、次のような人材養成を目的としています。

  1. 国際社会に対する広い視野と深い人間理解により、多文化社会のリーダーとして活躍できるような専門的知識とコミュニケーション能力を身につけた人
  2. 地域社会の国際交流事業や国際化教育に指導的役割を果たすことのできるような実践的応用力を身につけた人
  3. 地域や世界の異文化交流・環境問題・平和問題などに関する課題に対して、高度の理論的考察を遂行し、自立して研究できる高度の能力を身につけた人

学習の仕組み

  1. 前期課程では、学生が所属する分野から修得すべき単位数のほかに、他分野から修得できる単位数を明示して、専門分野と近接分野からのバランスのとれた科目履修ができるように配慮します。
  2. 一般的な講義科目のほかに、ワークショップ・外国語現地学修・文化実習などの、実践的・応用的な能力を育成する科目を配置します。
  3. 前期課程では「国際文化研究演習」により、後期課程では「国際文化研究指導」により、それぞれ個別的研究課題に関する指導を行い、修士および博士の学位論文を作成します。

外国人留学生、社会人に開かれた研究環境

次のような資質・能力を持つ人材を国内外から受入れます。

  1. 英語その他の外国語による外国人との交流に強い関心を持ち、外国語コミュニケーションを通じて国際交流に貢献することを目指し、そのための基礎的知識・技能を身につけている人
  2. 人類が築き上げてきた様々な文化に強い関心を持ち、異文化理解を通じて国際社会の平和共存に貢献することを志し、そのための基礎的な知識・能力のある人
  3. 日本語や日本文化、また、アジア近隣諸国の文化に強い関心と基礎的知識を持ち、日本を取り巻く近隣国家間の協調・連帯の重要性を自覚し、それに貢献できるような高度の研究能力を身につけようとする人

研究分野・科目群

  • 前期課程・・・国際言語分野 比較文化分野 日本・アジア文化分野
  • 後期課程・・・比較文化科目群 環境・考古学科目群
  • リポジトリ(研究紀要)
  • アドミッション・ポリシー
トップに
戻る