鹿児島国際大学

研究を極めてより深く学び、日々変わりゆく社会に関わる。

実務的能力を持ったスペシャリストを育成

 経済学研究科には地域経済政策専攻のもとに地域経済系と経営管理系の2つの系があり、博士前期課程(修士課程)と博士後期課程をそれぞれ開講しています。地域の経済・経営に貢献するスペシャリストを育成すべく多様な教授陣を布陣して充実した指導体制を敷いており、大学院生一人ひとりの論文指導等を通して徹底した個別指導がなされています。その成果は研究者の養成のみならず、資格取得「税理士(修士の学位取得後、研究認定申請により、一部試験科目が免除になる場合があります)、教員等」やビジネスマンにも不可欠な知識および能力を磨くことにも寄与しており、多くの高度で多様な実務的能力を持った修了生をも輩出しています。近年は高学歴化が進み、学部教育に飽き足らない進学希望者が増えています。大学院は自分を磨き、改めて世に羽ばたく機会をうかがう絶好のチャンスでもあります。

研究を極めてより深く学び、日々変わりゆく社会に関わる。

実務的能力を持った スペシャリストの育成

経済学研究科長  大久保 幸夫

 経済学研究科には地域経済政策専攻のもとに地域経済系と経 営管理系の2つの系があり、博士前期課程と博士後期課程をそれぞ れ開講しています。地域の経済・経営に貢献するスペシャリストを 育成すべく、充実した指導体制を敷いています。

大学院生一人ひと りの論文指導、研究計画、研究報告、論文の中間報告等を通して 徹底した個別指導がなされています。その成果は研究者の養成の みならず資格取得(税理士等)やビジネスマンにも不可欠な知識・能 力およびノウハウを磨くことにも寄与しており、多くの高度で多様な 実務的能力を持った修了生を輩出しています。高度で複雑な課題 が山積する近年は、学部教育に飽き足らない進学者が増えていま す。

海外からの留学生も多くなり、高学歴化はますます進むものと思 われます。日本社会も大学院修了生に関心を向け、理解を示すよ うになってきたことも助けになっております。大学院は自分を磨き、 あらためて世に羽ばたく機会をうかがう絶好のチャンスでもあるの です。

地域の経済・経営に貢献するスペシャリストを養成します

【地域経済系】
地域経済やアジア経済など、広義の地域経済に関する理論的・実践的研究を行うことを重視し、グローバル化時代に対応できる経済のスペシャリストを育成します。
【経営管理系】
企業経営、会計、マーケティング等に関する理論的・実務的研究を行うことを重視し、地域や世界で活躍する経営のスペシャリストを育成します。

三大学院共同シンポジウム

地域経済の実態を同じ課題として

本研究科は、札幌大学大学院経済学研究科、沖縄国際大学大学院地域産業研究科と共同で「三大学院共同シンポジウム」を開催しています。このシンポジウムは、地域経済政策を専門にする3つの大学院が、首都圏から離れ、伸び悩む地域経済の実態を同じ課題としてとらえ、県境を越えて問題点や展望を探ろうと、2002年から始めています。

市町村合併やグローバル化が進み、さまざまな分野で旧来のシステムが変容を迫られ、新たな地域づくりが求められています。最新の研究成果を交えたこのシンポジウムが、何らかのヒントを与えてくれるのではないかと期待が高まります。

 ここ最近の開催テーマは下記の通りです。

  • 第14回('15.12.5)戦後70年、地域経済の変容と展望~自立経済に向けて~沖縄国際大学で開催
  • 第12回('13.12.7.)「地域再生を考える」 鹿児島国際大学で開催
  • 第11回('12.12.08)「産業政策と地域振興」 沖縄国際大学で開催
  • 第10回('11.12.03)「地域経済における金融の役割」 札幌大学で開催
  • 第9回('10.12.11)「歴史に学ぶ地域経済」 鹿児島国際大学で開催
  • 第8回('09.12.05)「地域づくりPart3-経済不況と地域再生を目ざして-」 沖縄国際大学で開催
  • 第7回('08.12.06)「地域づくりの実態と課題-地域での取り組み経過をふまえて-」 札幌大学で開催
  • 第6回('07.12.08)「グローバル時代の地域経済」 鹿児島国際大学で開催
  • 第5回('06.12.09)「構造改革と地域社会」 沖縄国際大学で開催
  • 第4回('05.12.10)「地域開発と環境問題」 札幌大学で開催
  • リポジトリ(研究紀要)
  • アドミッション・ポリシー
トップに
戻る