鹿児島国際大学

経済学部 経済学科 グローバル化が進む社会において幅広く活躍できる人材を育成

独自サイト 経済学部

在学生Message

地域の発展に貢献できる人になりたい。

米森 智紀 さん
経済学科3年
加治木高等学校出身

 将来、地域の発展に貢献できる仕事をするため には、鹿児島のことをもっと深く知ることが大事だと 考え、鹿児島国際大学に進学しました。
 現在は、鹿児島経済の現状と課題、そして国際経済などにつ いて学んでいます。好きな授業は演習です。座学で学んだことをフィールドワークで確認。自分の目で確かめることの重要性を知りました。
 大学では「IUKパ トロール隊」に所属し、鹿児島南警察署と連携して、地域の安心、安全を守る活動を行っています。地域の発展のために力を発揮できるように、さら に先を見据えて計画的に行動する力を身につけた いと思います。

経済学科-学びのポイント

  • Point 1

    経済とは、わたしたちの生活そのもの。

    経済とは、生産者がモノをつくり、販売し、それ を消費者が購入し、消費し、廃棄するといった 一連の流れのことを言います。経済というの は、わたしたちの生活そのものだと言っても過 言ではありません。

  • Point 2

    基本と応用科目を配置。興味・関心に応じて、経済をより深く体系的に学修。

    経済学の理論・歴史・政策の基礎を学ぶ「基礎 科目」、さらに進んだ知識や技能を学ぶ「日本 経済」・「金融・国際経済」の応用科目を配置。 各自の興味や関心に応じてより深く体系的に 学修します。

  • Point 3

    進化する経済学の知識・技能を身につけて、社会と人生をより豊かなものにしよう。

    経済とは、生産者がモノをつくり、販売し、それ を消費者が購入し、消費し、廃棄するといった 一連の流れのことを言います。経済というの は、わたしたちの生活そのものだと言っても過 言ではありません。

クローズアップ授業

  • 鹿児島経済論

    幕末から明治維新にかけて、日本の近代化の中心的役割を果たした鹿 児島。しかしその後、中央依存体質の中で、経済も財政も長い間低迷を 余儀なくされています。その歴史的経緯や構造的特質などを踏まえつ つ、これからの鹿児島経済の持続的発展のあり方を考えます。

  • 国際経済論

    現実の経済は一国単独の閉鎖経済ではなく、開放経済です。国・地域 が互いに貿易・投資・生産・金融などの経済活動で結ばれ、国境を越え てヒト・モノ・カネが盛んに移動し、国際経済関係がさらに緊密化していま す。今日の経済現象をわかりやすく解説します。

他の学科も見てみよう

経済学部の取り組み

  • フィールドワーク
  • 東アジア海外インターンシップ
  • 3日間社長のカバン持ち体験
  • リポジトリ(研究紀要)
  • アドミッション・ポリシー
トップに
戻る